fc2ブログ
初マラソンで大撃沈!現実逃避してましたが・・・徐々に走り出しました!
カバーアルバム!! 
2008/06/07 Sat 23:11
CATEGORY【音楽】
最近、よくカバーアルバムを見かけます。
プチブームなんでしょうか?

最近では徳永英明さんの「ヴォーカリスト3」が大ヒットしましたね^^
男性が女性の歌をカバーというのは、あんまり見かけないですが、徳永さんの歌声なら「お見事!!」ですね^^
逆に女性が男性の歌をカバーしたアルバムで、来月に中村あゆみさんが「VOICE」を発売します!!
僕は、 「翼の折れたエンジェル」世代なので心待ちにしています^^
中村さんの歌声も魅力的ですよね^^

前置きはさておき、今日紹介したいのは英語で日本の曲をカバーしたアルバムです。
ヘイリー・ウェステンラさんの「純~21歳の出会い」です。
彼女の名前を知らない方でも歌声は1度は聴いたことがあるかもしれません。
ドラマ「白い巨塔」のアメイジング・グレイスや、映画「ローレライ」のモーツァルトの子守歌なんかは耳にしてるのでは?と思います。

ニュージーランド出身の21歳の彼女の歌声は、まさしく「ピュアサウンド、癒し」です。
「天使の歌声」と評される歌手の中でもトップクラスと思います。
そんな彼女のカバーアルバムを聴いてみました。
1.アメイジング・グレイス
2.ハナミズキ
3.雪の華
4.白い色は恋人の色
5.千の風になって
6.花
7.涙そうそう
8.翼をください
9.卒業写真
10.時代
11.I believe
とヒットソングばかりを集めています。
彼女のピュアサウンドがマッチしていてなかなか良いですね~~~^^
オリジナルとは別の良さを感じます。

このアルバムを聴いて気に入った人は、ベストアルバムも聴きたくなるんじゃないでしょうか?
「アメイギング・グレイス~ヘイリー・ベスト」には先ほどの日本でもおなじみの曲も入っています。
また「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」も収録されています。
これはサラ・ブライトマンで日本でもおなじみですよね^^
彼女も同じソプラノ歌手で、アルバムでは数曲同じ曲を歌っています。
彼女も高域まで伸び、癒し系にはいるのでしょうか?

僕の主観としては、ヘイリーはピュアサウンドの癒し系で、サラは力強さや躍動感を兼ね備えた癒し系に感じます。
どちらも、部屋の電気を消して独りの世界にはいって聴きたい歌声です。


スポンサーサイト



TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
ライブ初体験!!③ 
2008/06/03 Tue 05:20
CATEGORY【音楽】
花子さんの約1時間のライブが終了し、いよいよ矢野さんの番だ!!
と思いきや・・・・30分の休憩だそうです・・・・

そして!ついに矢野さんのライブが開演!!
矢野さんとヴァイオリンの史香さんが登場します。
矢野さんもかなり独特の雰囲気を持っていますww
見た目は小柄(150cmらしい)で、ほんわかとした雰囲気で普通にいてそうな感じの人です。

挨拶もそこそこにピアノに手を伸ばします。
さて何を歌うんだろ~~~・・・・
7月にニューアルバムを出すので、やっぱり新しい曲中心で歌うのかなぁ~・・・
昔の曲で「ニーナ」以外にも生で聴いてみたい曲がたくさんあります。
と、静まりかえったライブハウスにピアノの音が響き出します!
イントロを聴いた途端に僕は前進に鳥肌が立ちました!
そこから流れるメロディーは「ニーナ」です!!
1曲目から大好きな曲が~~~!しかも生演奏・生声で!!
僕の頭の中に、何度もでてきた登場人物が現れます^^
生で聴くのは格別ですね~~~!!
それにしても・・・矢野さんの歌声もとてつもなく凄い(驚)
その小さい体からは想像もできないぐらいのパワフルな声と歌唱力!!
全身を使ってピアノを弾き、全身を使って歌い上げます!!
ほんわかした雰囲気が、曲に入った途端に何かに取り憑かれたかのように豹変します。
凄すぎます!
矢野さんの弾きがたりに、所々に入る史香さんのヴァイオリンも抜群です。
史香さんも全身を使って、音を奏でます。
この人達は本当に音楽が好きなんだな~!と伝わってきます。

次から次にと歌いあっという間に時間が過ぎていきます。
矢野さんのMCも、独特の雰囲気で笑いがこぼれます^^
この人のどこにあんな歌を歌うパワーがあるんだ・・・とギャップに驚かされます。

最後の曲が終わり拍手で見送ると、周りの人の拍手が速い手拍子にかわります。
アンコールを待つ手拍子のようです^^
初めての僕もそれに合わせて手拍子をします^^
戻ってきた矢野さん達は数曲歌い、途中からは花子さんも登場し「モナカ」のできあがりです^^
さすがに息がぴったりですね~~^^
そしてアンコールの数曲が終わり、再びステージを後にします。
すると・・・
またまた・・・手拍子が・・・ww
再度アンコールの手拍子です(笑)
再再度戻ってきた矢野さんが笑顔で一言
「浪速のの人はしつこいなぁ~~~^^まぁ覚悟はしてましたけどね^^」
と最後にヴァイオリンなしの完全なピアノの弾きがたりで1曲歌ってくれました。
いい人だぁ~~~^^

時計を見れば21時半。
3時間半(休憩30分含)にも及ぶライヴが終了しました^^
初ライブはとても楽しくて感動しました^^
あんな間近で、あんなパワフルな歌声を聴けるなんて^^
また機会があれば見に行きたいと思います。


人気ブログランキングへ

TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
ライヴ初体験!!② 
2008/06/02 Mon 22:44
CATEGORY【音楽】
矢野さんの簡単な紹介が終わったので、ライヴの話にいこうと思います。
場所は吹田市の「5th-street」というライヴハウスです。

僕のライブハウスのイメージというのは・・・・
薄暗い地下の部屋に、熱狂的なファンがギュウギュウ詰めで手や頭を振りながら・・・というイメージでした。
で、実際に入ってみると、確かに地下で薄暗い部屋は同じでしたが、ステージ前にはたくさんのイスがきちんと並んでいます。
何もかもが初体験の僕は、周りをキョロキョロしながら良さそうなポジションを取ります^^
前から3列ぐらいはファンクラブの優先席だったので、そのすぐ後ろあたりに座りました。
それでも、ステージとの距離は4mほどの至近距離です!!
17時開場で18時開演だったので、まだ時間もあり客席の脇で売られている出演者のCDを見たりします。

今回は矢野さんのライヴですが、同日出演として同じ歌小屋の2階で活躍されてる、「ニセのBAND(3人組)」という変わったBAND名のボーカルの花子(大久保和花)さんも出演します。
この大久保和花さんというのは、以前に矢野さんと「モナカ」というユニットを組んでいたんです。
僕も初めて知りました・・・
もう一人、矢野さんのサポートとしてこちらも「歌小屋の2階」の嶋崎史香さんがヴァイオリンを演奏します^^

そして開演です!!
まずは花子さんのライブです。
全く花子さんを知らなかった僕は・・始めは早く矢野さんの番にならないかな・・・と思っていました^^;
でもでも・・・花子さんの歌声を聞いた途端に僕の体が止まりました!!
「何だ~~~!この凄い歌声は~~~!!」
「ボヘミアン」葛城ユキさんのハスキーボイスと、「ヒーロー」麻倉未稀さんを足したようなパワフルな声です。もちろん声だけでなく歌唱力も抜群です!
きっとJAZZやブルースなんかを歌っても似合いそうです。
歌詞も独創的で良いですね~~~^^

またMCが面白いww
独特のキャラで、見た目は超怪しいですww
一昔も二昔も前の典型的なケバイ人のような格好にラメ入りの超ロングつけまつげww
それじゃ~~~前が見えないだろ~~~ってぐらい長いですww
ひとたび曲に入れば、一変しするのが凄いですね^^
ただのビジュアル??バンドではなく本物のアーティストです!!
凄く興味をもちました^^
また花子さんの歌声は聴きたいですね~~~。

そんなわけで・・・次こそは矢野さんのライブの感想を・・・・(汗)


人気ブログランキングへ
TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
ライヴ初体験!!① 
2008/06/02 Mon 21:42
CATEGORY【音楽】
昨日は初めてライヴハウスにライヴを見に行きました。
今までライヴハウスはおろか、コンサートにも行ったことがありませんでした。

行った経験があると言えば・・・
小さかった頃に・・・デパートの屋上でやっていた・・・
仮面ライダーショーぐらいですww
まだ幼稚園ぐらいだった僕は・・・
ステージ後方から走ってきたショッカーに頭を「ポンッ!」と触れられて怖くて泣いた覚えが・・ww

そんな純粋な経験はさておき、ライヴの話に戻します^^
誰のライブかというと矢野絢子さんです。
知らない方もいらっしゃると思いますので、簡単に紹介をww
高知県出身のシンガーソングライターで、一時期はメジャー契約もしていましたが、契約終了後は地元の高知(自ら仲間と立ち上げたライブハウス「劇場歌小屋の2階」)を活動拠点にして活躍されています。
ほとんどの曲が自ら演奏するピアノと歌というシンプルなスタイルで歌います。
メジャー契約時は井上陽水さんの「氷の世界」をカバーしたりもしています。

そんな矢野さんを知ったのは、当時の勤務先でユウセンから流れてきた歌声でした。
「窓の外ではリンゴ売り~・・・」という曲が流れていました。
当時、本家の「氷の世界」すら知らなかった僕は、何故かそのメロディーが頭から離れませんでした。
当時はもちろん、タイトルはおろか誰が歌っているかも知りませんでした。
テンポのいいメロディーとパワフルで歌のうまい女性が歌ってるとしか・・・
僕はその曲を「リンゴ売りの歌」と勝手にタイトルをつけていましたww
その後、数年が経ってヒョンなことからタイトルとアーティスト名を知りました。
それから矢野さんのCDを買ってファンになったという経緯です^^

なかでも矢野さんの曲で1.2を争うぐらいに好きな曲がメジャーデビューアルバムになる「ナイルの一滴」に収録されている「ニーナ」という曲です。
この曲を聴き、一気にファンになりました。
どんな曲かというと、イス職人のおじいさんが作ったイスが作られてから、持ち主を何度もかえ、その役目を終えるまでを唄ったもので、ひとつの物語になっています。
ストーリー性が見事で、壮大なスケールです。またイスに関わる人達の表情が目に浮かぶようです。
なんとこの曲は約12分もある超大作です!!
この曲を聴いて印象は凄い!!の一言でした^^
それとこの曲を聴いてすぐに思ったのが、「大きな古時計」でした。
人が主役ではなく、イス(時計)が主役でそれに関わる人との生活を見事に表現し、人だけでなくあらゆるものに生命があるのだと伝わってきます。

もちろん、人それぞれ歌の好みがあると思いますので・・・あくまで僕の主観での意見です。
というわけで・・・・・すでにかなりの長文になってしまったので・・・・
ライブの模様は・・・次につづくということでww


人気ブログランキングへ
TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集

copyright © ファンラン  ~ランニングと趣味と日常日記~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ