fc2ブログ
初マラソンで大撃沈!現実逃避してましたが・・・徐々に走り出しました!
最近、読書してます! 
2008/04/29 Tue 07:37
CATEGORY【本】
13階段
         高野和明/13階段

最近、昼休みを利用して読書をはじめました。
暇つぶしもありますが、このごろ活字の読み書きをする機会が減ったなぁ~と思ったのがきっかけです。
読書をしだしてから3冊読みました。
読書なんて10年ぶりぐらいかな?ww
滅多に読まない僕は読むのが遅い!遅すぎる(汗)
普段から読んでる人なら、あっというまに読んでしまうんでしょうね^^
あまりの遅さに前半のストーリーを忘れないか不安ですww

その中で、こないだ読み終えたのがこの本です。
高野和明さんの「13階段」
後で知ったのですが、この作品は江戸川乱歩賞を受賞し、映画化もされてるみたいですね^^;
そんなの全く知らずに読んでました。

「13階段」というのは戦後の処刑台の段数からきた言葉らしいです。
死刑といった意味で使われるようです。
また、この作品の中では、死刑執行にいたるまでの手続きや決裁が13段階あることからもきているようです。

話の流れは、喧嘩で人を殺し仮釈放になった主人公の青年が、刑務官からある仕事を持ちかけられました。
それは、記憶を失った死刑囚の「冤罪」をはらすことでした。
タイムリミットは3ヶ月!
「階段」という手がかりだけで証拠をみつけれるのか?
本当に「冤罪」なのか?
というストーリーで、加害者側や被害者側の心情や、それを取り巻く家族の心情も描かれています。

初め「死刑」や「冤罪」と難しい話かなと思いましたが、読み始めると「どっぷり」はまりました^^
スピード感もあり良かったです。
というより、本を読みなれていない僕には、どれも新鮮で感想は「良かった」になると思いますww
ただ僕の主観ですが、欲を言えばラストの終わり方があっけなかったような気が・・・
「その続きが知りたい~~!」と思いました。

ちなみに今読んでいる本は「死神」がでてくる本です。
といっても「DEATH NOTE」じゃないですよ^^
伊坂幸太郎さんの「死神の精度」という本です。
これまた映画化がされてるみたいですね^^

「死刑」や「死神」って・・・その前に読んだ本も「自殺」を救助する話・・・・・・
僕って病んでるのかな~~^^;
まぁ、どれも暗いストーリーじゃないんで良しとしましょうww


                         人気ブログランキングへ







スポンサーサイト



TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © ファンラン  ~ランニングと趣味と日常日記~ all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ